Management

経営について

Message from the President

代表挨拶

北海道エアポート株式会社 代表取締役社長  蒲生猛
北海道エアポート株式会社 代表取締役社長 蒲生 猛

わたしたち北海道エアポートは2020年1月より北海道内7空港(新千歳、稚内、釧路、函館、旭川、帯広、女満別)のターミナルビル等の運営事業を開始し、6月からは新千歳空港を皮切りに各空港の空港運営を順次開始してまいります。

「安全・安心の空港運営」という使命のもと、世界の観光客を魅了し、北海道全域へ送客する「マルチ・ツーリズムゲートウェイ」の実現に向けて航空ネットワークの充実や広域観光の振興を各地域の皆さまや関係者の皆さまと共に形にすることで、わたしたちがビジョンに掲げる「可能性とつながる空港へ」を体現していきたいと考えております。

また、当社の事業は7空港を一体的に運営するという国内初のプロジェクトであり、これからの北海道に大きな可能性をもたらすものであると確信しています。そのため当社は、道内7空港の民間運営を北海道の「第二の開港」と位置づけ、空港から北海道の新たな歴史を創ってまいりたいと考えております。

わたしたちは、今ようやく滑走路にたどり着いたところです。地域の皆さまや関係者の皆さまの後押しを受けて飛び立つことができます。
“Hokkaido-the first choice” 日本の中で最初に北海道を選んでもらう、アジアそしていずれは世界の中で最初に北海道を選んでもらうため、地域の皆さまと一緒に、わたしたちは全社員一丸となって空港から北海道を元気にしていきます。

北海道エアポート株式会社 代表取締役社長 蒲生 猛